精神障害や深刻な病気も障害年金を受けられる

メニエール病なども重大な病気の一つですが、障害年金はさらに深刻な病気を患っている方も受けることができます。例えば精神障害の病気です。精神障害の病気はたくさんの種類がありますが、例えばうつ病などが挙げられます。うつ病とは気分が落ち込み気力などがなくなる病気のことで、症状がひどい人の中には自ら命を断ってしまうしまう人もいます。その他の精神障害としてはアルコール精神障害や脳動脈硬化による精神障害など複数挙げることができます。

心疾患や肝疾患の方も障害年金を受けることができます。心疾患として有名な疾患としては、心不全や心筋梗塞などが挙げられます。これらの病気を患えば当然ではありますが、日常生活が困難になる恐れがあるので、障害年金を受けられる権利をとることができる可能性があります。

肝疾患で障害年金を受けられる病気としては肝硬変が挙げられます。肝硬変は肝臓が硬直してしまう病気のことで、肝硬変が進むと肝臓がんなどを発症してしまう可能性が高くなります。

このように障害年金は生活に支障が生じる可能性がある病気を患っている方へ援助をしてくれる年金制度です。もしこのような病気に該当する場合は、一度専門家などに相談をしてみてはいかがでしょうか。

障害年金を受けられる目や鼻、聴覚の疾病

基本的に障害年金は老齢年金などに比べてあまり周知されていない年金であるため、疾病を患っているのにも関わらず受給していないという人も多く、対象となる疾病を知っておくことで自分が受けられるかどうかを把握することができます。障害年金を受給できる疾病はとてもたくさんありますが、まずは目や鼻、聴覚の障害に焦点を当てて紹介します。

例えば目の障害として挙げられるのが、白内障などです。実際にこの病名を知っている人は多いのではないでしょうか。白内障になると健常な人と比べて目で物や人を捉えることができなくなるので、生活に支障をきたしてしまう可能性があります。白内障の方も障害年金を受ける権利があるとされています。

聴覚の障害として挙げられるのがメニエール病です。メニエール病はめまいが長時間続く病のことで、めまいがするため立ち上がって仕事などをすることができません。また、吐き気などの症状を訴える人もいるので、自立して日常生活を送ることは難しくなります。聴覚の障害にはその他にも感音性難聴やストマイ難聴などが挙げられます。

耳機能の障害としては外傷性鼻科疾患が挙げられます。このように目、鼻、耳だけでもたくさんの疾患があり、一定の条件を満たせばこれら全ての疾患患者が障害年金を受け取ることができます。

障害年金の対象となる疾病を知ろう

障害年金という言葉を初めて聞いたという人は少なくないでしょう。日本においては年金制度が充実しており、年金を受けるために若い頃に働き、年老いてから年金を受給して自分の好きな趣味などの時間に費やしたいと考えている人がほとんどです。年老いてからもらえる年金は老齢年金と呼ばれ、65歳から受給をすることができます。その他にも遺族年金があります。遺族年金は主に被保険者が死亡した時に遺族が受けられる年金のことで、実際に受給している日本人も大勢います。

障害年金は老齢年金とは異なり、65歳未満でも受給できる年金です。誰でも受給できるという訳ではなく、日常生活が困難な方が受けられる年金となっています。例えば病気をしてしまい、自分で仕事をして自立した生活をすることができない方もいます。また自動車やバイクなどで大きな事故をしていまい、身体を自由に動かすことができない方もいます。このような人たちは自分で働いて生活をすることが困難なため、障害年金を受給できるようになっています。では日本にはどのくらい障害年金を受給している人がいるのでしょうか。

障害年金受給者は年金制度基礎調査によれば、過去には約194万人が受給しているとされています。この数字は比較的少ないと言われています。なぜなら障害年金を受給することができるのにも関わらず受給していない人がいるからです。そこで、どのような疾病の場合は受給することができるのかしっかりと把握することが求められます。