精神障害や深刻な病気も障害年金を受けられる

Posted by admin on 17/07/26

メニエール病なども重大な病気の一つですが、障害年金はさらに深刻な病気を患っている方も受けることができます。例えば精神障害の病気です。精神障害の病気はたくさんの種類がありますが、例えばうつ病などが挙げられます。うつ病とは気分が落ち込み気力などがなくなる病気のことで、症状がひどい人の中には自ら命を断ってしまうしまう人もいます。その他の精神障害としてはアルコール精神障害や脳動脈硬化による精神障害など複数挙げることができます。

心疾患や肝疾患の方も障害年金を受けることができます。心疾患として有名な疾患としては、心不全や心筋梗塞などが挙げられます。これらの病気を患えば当然ではありますが、日常生活が困難になる恐れがあるので、障害年金を受けられる権利をとることができる可能性があります。

肝疾患で障害年金を受けられる病気としては肝硬変が挙げられます。肝硬変は肝臓が硬直してしまう病気のことで、肝硬変が進むと肝臓がんなどを発症してしまう可能性が高くなります。

このように障害年金は生活に支障が生じる可能性がある病気を患っている方へ援助をしてくれる年金制度です。もしこのような病気に該当する場合は、一度専門家などに相談をしてみてはいかがでしょうか。

Filed under 未分類

Comments are closed.