障害年金の対象となる疾病を知ろう

Posted by admin on 17/07/19

障害年金という言葉を初めて聞いたという人は少なくないでしょう。日本においては年金制度が充実しており、年金を受けるために若い頃に働き、年老いてから年金を受給して自分の好きな趣味などの時間に費やしたいと考えている人がほとんどです。年老いてからもらえる年金は老齢年金と呼ばれ、65歳から受給をすることができます。その他にも遺族年金があります。遺族年金は主に被保険者が死亡した時に遺族が受けられる年金のことで、実際に受給している日本人も大勢います。

障害年金は老齢年金とは異なり、65歳未満でも受給できる年金です。誰でも受給できるという訳ではなく、日常生活が困難な方が受けられる年金となっています。例えば病気をしてしまい、自分で仕事をして自立した生活をすることができない方もいます。また自動車やバイクなどで大きな事故をしていまい、身体を自由に動かすことができない方もいます。このような人たちは自分で働いて生活をすることが困難なため、障害年金を受給できるようになっています。では日本にはどのくらい障害年金を受給している人がいるのでしょうか。

障害年金受給者は年金制度基礎調査によれば、過去には約194万人が受給しているとされています。この数字は比較的少ないと言われています。なぜなら障害年金を受給することができるのにも関わらず受給していない人がいるからです。そこで、どのような疾病の場合は受給することができるのかしっかりと把握することが求められます。

Filed under 未分類

Comments are closed.