障害年金を受けられる目や鼻、聴覚の疾病

Posted by admin on 17/07/20

基本的に障害年金は老齢年金などに比べてあまり周知されていない年金であるため、疾病を患っているのにも関わらず受給していないという人も多く、対象となる疾病を知っておくことで自分が受けられるかどうかを把握することができます。障害年金を受給できる疾病はとてもたくさんありますが、まずは目や鼻、聴覚の障害に焦点を当てて紹介します。

例えば目の障害として挙げられるのが、白内障などです。実際にこの病名を知っている人は多いのではないでしょうか。白内障になると健常な人と比べて目で物や人を捉えることができなくなるので、生活に支障をきたしてしまう可能性があります。白内障の方も障害年金を受ける権利があるとされています。

聴覚の障害として挙げられるのがメニエール病です。メニエール病はめまいが長時間続く病のことで、めまいがするため立ち上がって仕事などをすることができません。また、吐き気などの症状を訴える人もいるので、自立して日常生活を送ることは難しくなります。聴覚の障害にはその他にも感音性難聴やストマイ難聴などが挙げられます。

耳機能の障害としては外傷性鼻科疾患が挙げられます。このように目、鼻、耳だけでもたくさんの疾患があり、一定の条件を満たせばこれら全ての疾患患者が障害年金を受け取ることができます。

Filed under 未分類

Comments are closed.